灰色金利廃止ならば-金利の知識-

灰色金利廃止ならば→金利の知識TOPへ

灰色金利廃止ならば<金融関連記事>

グレーゾーン金利廃止なら解散

岩手県貸金業協会「会員の9割打撃」

2006.4.25 北海道新聞記事より抜粋

全国初!貸金業協会の解散方針を決定

岩手県内の消費者金融会社など計百二十二社で構成する岩手県貸金業協会は、出資法の上限金利(29.2%)が引き下げられ「グレーゾーン金利」が廃止された場合、存続は困難として協会を解散することを決めた。

協会によると、解散の方針を決めたのは全国の貸金業協会では初めて。

同協会の会長は、「上限金利が引き下げられれば会員企業の約9割が打撃を受け、営業存続が困難になる」と話している。

同協会に加盟する会員数はピーク時の約20年前と比べて半減しているという。

金利関連の判例紹介

融資や取立をめぐる違法行為が多発するなか、消費者保護の観点から
出資法、グレーゾーンを厳格に判断した判決例を二つ紹介します。

違法金利訴訟 ⇒ 元本の返済義務無し(札幌高裁)

借金の一括返済特約 ⇒ 超過金利分は無効(最高裁初判断)