元利均等返済方式の金利-金利の知識-

元利均等返済方式の金利→金利の知識TOPへ

元利均等返済方式の金利<金利の計算方法>

目次

元利均等返済とは?

元利均等返済の特徴

元利均等返済の金利計算方法(1ヶ月当たり)

元利均等返済の返済例

元利均等返済とは?

元利均等返済とは、元金と金利を合わせた金額を、あらかじめ契約した一定の期間で返済していく方式。

金利タイプが変動金利ローンの場合、返済額は5年毎に変動しますが、増加する場合は増加幅を25%以内に抑えるルールがあります。

元利均等返済の特徴

返済額が一定額に決まり、返済計画が立てやすく、とくに、変動金利を選んで借入後に予期せぬ金利上昇が起こった場合に、支払負担が急増するリスクを避けられることがメリットとなります。

デメリットは、元金均等返済と比べて元金部分の返済ペースが遅く、返済総額が増えることです。

毎月定額分を元金に充当しますので、利息対象となる残高が減るほど、支払利息も少なる方式です。

消費者金融や信販系クレジット会社では、「元利均等返済」+「リボルビング返済」を組み合わせた返済方式を採用するケースが多くなりました。

リボルビング返済ついてはこちらを参照して下さい。⇒ カードローンの金利・リボルビング返済の活用例

元利均等返済の金利計算方法(1ヶ月当たり)

■初回時
【支払利息】=【借入金額(元金)】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【元金充当分】=【月額支払額(金利含)】-【当月利息分(利息充当分)】
【借入残高】=【借入金額(元金)】+【当月利息分】-【毎月返済額(金利含)】
 
■2回目以降
【支払利息】=【借入残高】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【元金充当分】=【月額支払額(金利含)】-【当月利息分(利息充当分)】
【借入残高】=【当月借入金額】+【当月利息分】-【毎月返済額(金利含)】

元利均等返済の金利計算例

算出例は、借入条件を以下のように設定しています。

借入金額:30万円
実質年利:20.00%
毎月定額支払分:25,000円 ※1ヶ月は便宜上30日に設定